パピー用とシニア用のドッグフードを比較

比較

 

犬のドッグフード売り場に行くと、パピー用と成犬用、シニア用のドッグフードが販売されています。パピーの時期、成犬の時期、シニアの時期ではドッグフードの内容が変わって来ます。

 

しかし、愛犬家の間で人気のカナガンドッグフードは、パピーからシニアまでの全てのライフステージに与える事が出来る事になっています。その理由を探って行きながら、カナガンドッグフードがシニアにも本当にお勧めなのかを検証して行きます。

 

カナガンドッグフードがなぜ全ライフステージに与える事が出来るのかを考える前にまずは、パピーとシニアの特徴を説明して行きます。

 

まずは、パピーと呼ばれる時期がいつまでなのかをご紹介します。

 

 

パピーの時期とは

パピー

 

パピーとは分かりやすく言えば子犬の時期を言います。
犬はよく最初の一年で大人になると言われています。

 

そのため、一般的に考えると子犬の時期は1歳までを言うのではないかと考えている飼い主さんも多くいます。

 

しかし、このパピーと呼ばれる時期は小型犬や大型犬で違いがあります。

 

  • 超小型犬、小型犬…約8ヶ月
  • 中型犬…約12ヶ月
  • 大型犬…18ヶ月
  • 超大型犬…24ヶ月

 

小型犬や大型犬でパピーと呼ばれる時期が違うのは、小型犬の方が、身体が小さい分だけ骨格が出来上がるのが早いからです。

 

ただし、一般的には1歳で成犬扱いをして構いませんが、大型犬や超大型犬の場合には1歳を過ぎても成長します。

 

そこで気になるのが、ではシニアの時期はいつからかだと思います。犬のシニアの時期について説明して行きます。

 

 

シニアの時期とは

シニア

 

パピーの時期が、小型犬と大型犬の違いがあるように実はシニアの時期も小型犬と大型犬では違いがあります。

 

では、小型犬の成長がパピーの時には成長が早く小型犬の方が早く成犬になるのだから普通は、シニアになるのも小型犬の方が早いと考えてしまいます。

 

実は、逆で成犬になると今度は小型犬より大型犬の方がどんどん成長して行き、その分だけ老化の兆しも早くなってしまします。

 

そのため小型犬で11歳の時に人間でいうと60歳になりますが大型犬の場合には、8歳の時に60歳を過ぎているという事になります。

 

シニアになると、若い頃のようにハリのある肌を保てなくなるのは、人間も犬も同じです。
白髪になったり、被毛が薄くなったりするのも人間と同じで犬も、外見が老けて行きます。

 

それだけではなく、足腰が弱くなったり歯周病になったり、体臭がきつくなったりします。シニア世代になると人間も食べ物に気を付けるようになりますが、犬も同じです。

 

ドッグフードでコントロールしてあげる事が大切になって来ます。

 

では、シニア犬にいいドッグフードはどんなドッグフードがあるのでしょうか?

 

 

シニア犬に適したドッグフード

適したドッグフード紹介

 

ペットショップに行くと、ドッグフードコーナーに、パピー用、成犬用、シニア用と分けて販売しています。

 

それなら、愛犬家の間で人気のカナガンドッグフードは全ライフステージ対応でシニア犬でも与える事が出来ると書かれてあることを不思議に感じる飼い主さんもいるはずです。

 

シニア犬の飼い主さんなら本当にカナガンドッグフードは、シニア犬に与えて大丈夫なのかと心配になるはずです。

 

実はドッグフードが、パピー用、成犬用、シニア用と分けて販売されているのはそうすることで飼い主さんが悩まずに購入出来るからです。

 

シニア犬用のドッグフード売り場にはよく、低カロリーで関節ケアが出来るとセールスコピーが謳ってあります。

 

飼い主さんは、ついそのセールスコピーに釣られてそのドッグフードを買ってしまいます。
しかし、良質のドッグフードでなければ意味はありません。

 

多くのドッグフードのメーカーはライフステージに応じて、ドッグフードを切り替えるにように謳っていますが、それはメーカー側が利益を上げるための作戦で市販の安価のドッグフードの場合にはあまり意味がありません。

 

よく考えてみると野生の犬がライフステージに応じて食べ物を変えたりしません。重要なのは、犬が必要とする栄養素をどのライフステージも摂取する事です。

 

では、なぜカナガンドッグフードがシニア犬にオススメ理由を説明して行きます。

 

 

カナガンドッグフードがシニア犬にオススメな理由

おすすめの理由? 

 

  1. カナガンドッグフードは、シニア犬に必要な良質のタンパク質をしっかりと含んでいます。
  2. カナガンドッグフードには、コンドロイチンやグルコサミン、サーモンオイルが含まれておりシニア犬の関節のケアをしてくれます。
  3. シニア犬になると食欲が落ちてしまいますが、栄養価の高いカナガンドッグフードなら食が細くなっても栄養を賄う事が出来ます。

このようにカナガンドッグフードはシニア犬に適しています。

 

 

まとめ

犬には、パピー、成犬、シニアという時期がありますが与えるドッグフードは常に栄養のバランスが整っているドッグフードが適しています。

 

シニア犬に適しているドッグフードは、カナガンドッグフードのように栄養のバランスが整っているドッグフードです。

 

シニア犬のドッグフードで悩んでいる方は、是非試カナガンドッグフードを試してみて下さい。

 

 

カナガンドッグフードの詳細についてはこちらから!